データ作成時の注意点

入稿の際の注意点とご確認事項

  • オンライン入稿又はメールでの入稿の場合は 一緒に出力見本(仕上り確認用画像・JPEG形式推奨)を作成しお付け下さい。(トラブルを防ぐ為の参考とさせて頂きます。色や、文字の校正には使用いたしません。)
  • バックアップを必ずとって下さい。
  • お預かりしたメディアは慎重に取扱いますが、予期せぬデータクラッシュが発生した場合の責任は負いかねます。
  • 不必要なデータは添付しないで下さい。
  • データをお送りいただく際にタイムラグが発生する場合があります。

Adobe Illustrator CC(最新)まで対応

  • 出力サイズ原寸でデータを作成してください。
  • ご使用になった文字(フォント)はアウトライン化し、オブジェクトのロックも解除して下さい。
  • レイヤーをご使用の場合、必ず入稿前に画像を統合して下さい。
  • フィルタ(ぼかし、ドロップシャドウ等)を使用する場合は出力原寸でデータをお作りください。原寸でデータが作られていない場合、出力が不可能な場合があります。

Adobe Photoshop CC(最新)まで対応

  • 出力サイズ原寸でデータを作成してください。
  • レイヤーをご使用の場合、必ず入稿前に画像を統合して下さい。
  • ※意図しない出力になる場合がございますので、「ハーフトーンスクリーン情報を含める」「トランスファ関数を含める」「ポストスクリプトカラー管理」にはチェックを行わないで下さい。
  • アルファチャンネルは全て削除して下さい。カラーのチャンネル情報にアルファチャンネルが残っていると、印刷時に色味が変化してしまう場合がございます。
  • フォトショップデータにトンボが必要な場合は、イラストレーターに配置してトンボを付けて保存して下さい。

OFFICEデータ入稿時の注意点

  • 特殊フォントに関してはデータ入稿時にフォントも添付してください。
  • office系のデータは文字・画像等にズレが生じる場合があります。ご了承ください。

データ形式について

データのカラー形式
CMYK形式/RGB形式のどちらでも構いません。初めての方の写真データはRGB形式モードの方が自然に印刷できます。無理をしてCMYK形式にしなくても大丈夫です。
書体につきまして
特殊なフォントはアウトライン化するか、埋め込みをしてください。
対応アプリケーション
Adobe Illustrator・Photoshop・PDF・Jpeg・TIFF・EPS形式 Microsoft Excel Word PowerPoint Publisher形式 デジカメのメモリーカード各種に対応しています。
解像度につきまして
原寸で150dpiを基本にしております。拡大する場合は、拡大率×150dpiとなります。

当社では太陽光の下で1~2m手前から見たときに必要な解像度を150dpiとしています。

当社のおすすめ解像度

価格一覧表(PDF形式)